トランプ逆徒の対全世界特大型挑発妄言を厳しく糾弾する声明

 2017年12月5日、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒がイスラエルの首都をエルサレムにするとの特大型挑発妄言を吐いて全世界に対する敵対姿勢を鮮明にした。これは、ドナルド・トランプ逆徒が昨年の大統領選挙戦に際しての公約にも掲げていたもので、親族の側近にもユダヤ教徒がいる関係で働かれたものであるのは明らかだ。折しも、ドナルド・トランプ逆徒自身を初めとした政権全体のロシア連邦との不透明な関係について、ますますアメリカ帝國司法当局の捜査が中枢に食い込もうとする中、この問題から国内の目をほかに向けさせる悪質な目的も指摘される有様だ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、日本人1億3千万人を代表して2017年12月5日に働かれたドナルド・トランプ逆徒によるイスラエルの首都をエルサレムに認定するとの対全世界特大型挑発妄言を厳しく糾弾するとともに、このようなドナルド・トランプ逆徒率いるアメリカ帝國主義体制を無批判的に支持するような国家群もイスラエルの首都をエルサレムに認定する態度とみなすよう国際社会に訴えるべく声明を発表する。

 エルサレムといえば、歴史的にも世界の多数の宗教にとっての聖地という側面もあり、対立する宗教同士では絶えず争いが起きてきた都市でもある。それゆえ、帝國主義国際連合も国際管理都市として1国だけの自治権を制限している現実もある。イスラエルと対立し、一方で国家として独立しようとするパレスチナはエルサレムの東側を首都として位置づけようとしている。このような宗教対立の激しい地域だからこそ、人民の恨みを買わないよう、そして国際管理都市という性格を理解したうえで、エルサレムをイスラエルの首都などと認定する国家は存在しなかった。
 ところが、歴史的に見ても世界最悪の対全世界侵略国家であるアメリカ帝國主義体制がまさしく全世界的協調とは全く逆の、自国の利益だけを追求する目的によって、イスラエルの首都をエルサレムと認定するなどとの特大型妄言を放った。アメリカ帝國主義体制は、表向きは自由と民主主義の理想を掲げて全世界にその理念を広める思想をもって勢力拡大を働いてきた。しかし、その実体は、帝國主義支配層にとって都合の良い自由と民主主義であったことは、中東・北アフリカ地区の混乱を見れば明らかである。結局のところ、アメリカ帝國主義体制の悪意に満ちた扇動の軍門に下ると、アメリカ帝國主義体制主導の極悪な扇動に対する抵抗力が弱まるのも至極自然だ。そのような経緯で日本帝國主義体制社会に人民拉致裁判制度(=裁判員制度)が持ち込まれた現実もあるくらいだ。
 そのようなアメリカ帝國主義体制の本性を見ればこそ、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)が相応の科学技術力を強化しなければならないと考えて当然だ。まして、朝鮮共和国とアメリカ帝國主義体制との間には途方もない経済的格差はもちろんのこと、人口や国土の面でも圧倒されるレベルの差がある以上、朝鮮共和国としても相応の覚悟を決めて、相当レベルの技術力がなければ対抗できないに決まっている。まして、イスラエルを擁護して周辺イスラム教諸国の強い反発を買うことを知っていての挑発行動に際しては、周辺イスラム教諸国とも良好な関係をもっている朝鮮共和国にとっても自国に対する挑発行動とみなしても至極自然である。周辺イスラム教諸国だけでなく、西側帝國主義社会とてアメリカ帝國主義体制の今回の特大型挑発妄言には苦虫を噛み潰す態度で接することだろう。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2017年12月5日のアメリカ帝國主義体制トップドナルド・トランプ逆徒によるイスラエル首都エルサレム認定なる特大型挑発妄言を厳しく糾弾するとともに、心ある世界の人民や国家に対しては、このようなアメリカ帝國主義体制を無批判的に容認するような国家群に対してもアメリカ帝國主義体制と同等の侵略性をもっているとみなすよう促すべく声明を発表する。アメリカ帝國主義体制は在イスラエル大使館をエルサレムに移すとの意向を示しているのだが、よくよく考えると、朝鮮半島絡みでソウルに大使館を置きながら平壌には置いていない国家群は世界に数少ない。その数少ない国家群の中にアメリカ帝國主義体制や日本帝國主義体制、南朝鮮傀儡(=大韓民国)体制が存在するのは、わが日本人として恥ずかしい限りである。こんなアメリカ帝國主義体制の傲慢極まりない態度を見るにつけ、在ソウル大使館を引き上げ、在平壌大使館の機能強化に動く国家群が続出することを心から期待する。

 2017年12月6日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です