対朝鮮共和国不当制裁を無視して粛々と行動を進める

 昨日日本帝國主義体制静岡地裁本庁で下された、浜名湖での連続殺人・死体遺棄事件の人民拉致裁判(裁判員裁判)死刑判決ですが、この裁判に加担した拉致実行犯・白色テロリスト8人が日本帝國主義人民拉致裁判翼賛扇動メディアの極悪プロパガンダに加担して、こんなとんでもない特大型挑発盲言を働きました。黙秘権はおろか罪状の否認権まで否定するような提議までするというのは、刑事裁判における根本的な被告人の権利さえも否定する憲法違反の発言以外の何物でもなく、こんな感覚を刑事裁判に持ち込むことを積極的に是とするのが人民拉致裁判の本性ですから、刑事裁判そのものの自殺以外の何物でもありません。当然、裁かれる被告人、まして死刑を争うような立場に立たされた場合に、刑事裁判の自殺にもつながるこんな感覚を持った人間に裁かれたくないのは当然であり、まず真っ先に刑事被告人の人権保障云々を言うのであれば、人民拉致裁判加担拉致実行犯・白色テロリストの物理的排除が前提条件になるのは言うまでもありません。裁かれる刑事被告人の人権保障のために、最低条件である裁判加担拉致実行犯・白色テロリストの物理的排除に向けた具体的活動が今や求められている時代になっているということです。

 さて、平昌で冬季の世界的スポーツ大会が行われ、連日熱戦が繰り広げられている中ですが、この大会の最大の勝者が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)とも言われています。何しろ朝鮮半島北南間の体制間対立を急激に緩和して、世界の平和機運醸成に最も貢献したからに他なりません。こんな情勢だからこそ、朝鮮半島の平和機運を好ましく思わない勢力が異常な分断扇動をして世界の不信を買う事態に発展するわけです。日本が国家としてどんな良識を持つかも問われるのは当然のことです。
 折しも、アメリカ合衆国帝國主義体制トップのドナルド・トランプ逆徒が対朝鮮共和国「過去最強の制裁」を昨日発表するという特大型暴挙を働きましたが、そのような扇動を世界全体に向けて働く態度は、まさしく朝鮮半島の和解機運が不都合だからという理由を自ら暴露する妨害行動というメッセージを世界に向けて発信しているということです。そして、そんなメッセージを発信する相手先が平昌のある南朝鮮傀儡体制という側面もあり、同じ民族である当事者を分断する目的なのだからいかにアメリカ帝國主義体制の侵略思想の残忍さがよくわかるというものです。今回の特大型暴挙「過去最強の制裁」といっても所詮は船舶や所有する企業・個人に対する、現在までにも何度も働かれてきた制裁の延長上にあるものでしかなく、取り立てて大々的に発表するだけの効果が期待できるとは到底考えにくいものです。制裁の効果が十分期待できないものを大々的に発表することそのものが、朝鮮共和国が徹底してきた路線の正当性を証明しているのです。ドナルド・トランプ逆徒が制裁効果がなければより強硬な行動をとるなどとの妄言を吐いたりもしているのですが、当然朝鮮共和国は3月18日の平昌での障碍者世界的スポーツ大会終了を見据えて、そんな扇動に対する対策を練ってくるはずです。
 そして、平昌の冬季スポーツ大会(健常者)の閉会式に金英哲朝鮮労働党副委員長・統一戦線部長が出席するという件が全世界に波紋を広げています。金英哲副委員長に関しては、南朝鮮傀儡体制が哨戒艦天安号沈没事件や延坪島砲撃事件の首謀者であるなどとでっち上げて容疑者呼ばわりするとんでもない扇動を働いていますが、そんなでっち上げ扇動に加担する南朝鮮傀儡保守反動勢力が「金英哲が来たら逮捕するか暗殺せよ」などと息巻いていて世界の憤怒と嘲笑を買っています。また、南朝鮮傀儡体制やアメリカ帝國主義体制は独自の不当制裁対象にしていて、このような人物を朝鮮半島南部に受け入れることそのものに対してアメリカ帝國主義体制が文在寅大統領政権に対してとんでもない圧力を必死でかけているのも忘れてはなりません。平昌の冬季スポーツ大会(健常者)閉会式にはイヴァンカ・トランプ逆徒が出席する予定になっていて、そのイヴァンカ・トランプ逆徒が朝鮮共和国に対するとんでもない人権非難扇動まで働いたりもしています。北南和解醸成機運が高まれば高まるほど、日本帝國主義体制を含めたアメリカ帝國主義侵略勢力側の圧力扇動の極悪さがより露骨に出てくることが世界的に知れ渡るのも当然といえます。
 世界レベルでの対朝鮮共和国不当制裁扇動を働こうが、実際に効果が発揮されるかどうかは別問題なのは言うまでもありません。直接船舶同士で物資を移し替えるといった手法がとられるようになったりもしているのですが、このような手法を使おうとする勢力も次々に出ています。それもこれも、朝鮮共和国の方が説得力あるメッセージを世界全体に発していることから起きる情勢でもあり、世界全体で朝鮮共和国の断固たる姿勢に対する支持世論及び、具体的な行動への協力が必要です。日本国内でもこの種の船からの直接物資移送といった行動は最近でも実際近海で行われていたりして、協力者を確保できる環境はあります。日本国内での朝鮮共和国支持世論喚起も必要なのは言うまでもありません。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、冬季スポーツ世界大会を契機とした朝鮮半島北南統一実現に向けて「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号42ESJTC6(日本語版)、H75DH2SJ(조선어 버전)で2018年3月18日まで続けます(今回の表示番号は2018年3月2日まで)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です