麻生・小野寺両逆徒による反人民的越米逃走を厳しく糾弾する声明

 2018年4月19日、日本帝國主義体制財務大臣の麻生太郎逆徒が醜悪極まりない越米逃走(=勝手にアメリカ合衆国帝國主義体制地域に逃亡する行為、以下、越米逃走と表記)を働いた上に、翌20日には日本帝國主義体制防衛大臣の小野寺五典逆徒が続けて同様の醜悪越米逃走に手を染めた。この両逆徒は醜悪な越米逃走行為について、管轄する組織人による根本的反人権行為の責任を追及されて日本帝國野党国会議員により越米逃走を承認されなかったのにそれを無視して越米逃走を強行したものである。折しも、日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒が周辺諸国との関係で自らだけの外交孤立を恐れてアメリカ帝國主義体制地域に庇護を求めるべく越米逃走を働いた件の後を追うように、反人民的為政行為の責任追及を免れるためとみなさざるを得ない形での麻生・小野寺両逆徒による醜悪越米逃走を働いたのだから、世界最悪級の人権ツンドラがどこにあるかがより鮮明になったというものだ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2018年4月19・20両日に働かれた日本帝國主義体制財務大臣麻生太郎逆徒及び日本帝國防衛大臣小野寺五典逆徒によるる醜悪極まりない反人民的越米逃走を厳しく糾弾するとともに、全世界的見地から日本帝國主義体制自民党政治全体に対する冷笑の眼差しを浴びせるよう促すべく声明を発表する。

 2018年4月19・20日に続けざまに働かれた日本帝國主義体制重要閣僚2人による相次ぐ越米逃走は、同年4月17日に働かれた日本帝國主義体制トップの安倍晋三逆徒による越米逃走行為に輪をかけるかのような醜悪さを全世界に晒すこととなった。何しろ、両逆徒がトップとして管轄している政府組織内部の人物が基本的な人権に反する行為をさらした責任を問われる中で、責任を果たすよりも越米逃走を優先したからである。もっとも、ドナルド・トランプ逆徒率いるアメリカ帝國主義体制とて醜悪極まりない人権不毛のツンドラぶりを全世界に晒していて、同じく人権ツンドラぶりが嘲笑されるべき日本帝國主義体制とは同類項だとみなされても仕方ない面がある。しかし、世界最悪級人権ツンドラであるアメリカ帝國主義体制でも起こりえない反人権事態の収拾をつけないまま越米逃走を優先させるなどとなれば、これは日本帝國主義体制の人権云々の問題は全世界的糾弾に晒されて当然というものだ。
 麻生太郎逆徒がトップに立つ日本帝國財務省内部では、次官が明らかなセクハラ行為を働いたとして辞任に追い込まれたのだが、麻生逆徒は被害者である女性を恫喝するかのような発言により次官を擁護する態度を働いてますます社会的批判を浴びた。セクハラ被害に遭った女性はそのような事態が起きることを想定して秘密に録音をしていて、声紋判定の証拠も取れる状況を作っていて、辞任に追い込まれた日本帝國財務次官の行為であることは容易に証明できる環境にあった。まして、世界の誰が聞いても100%セクハラとみなされる卑猥極まりない内容が録音されていた。にもかかわらずこの元日本帝國財務次官はセクハラ行為をまるで認めていないのだから日本帝國主義社会が世界的見地から非常識社会であることを自白したも同然だ。また、小野寺五典逆徒がトップの日本帝國防衛省が管轄する日本帝國自衛隊幹部からは、日本帝國野党所属の公職国会議員に対して「国民の敵」なる特大型侮辱発言が飛び出し、これも最近に例を見ない異常事態だとの糾弾を浴びた。日本帝國政府与党幹部からもこの発言は不適切との批判を免れない事態である。ところが、この問題に対しても日本帝國政府与党は十分な責任を取らせないまま越米逃走を容認するという異常事態を起こした。この件についても世界的嘲笑を浴びる事態である。
 今やドナルド・トランプ逆徒率いるアメリカ帝國主義体制が世界的糾弾を浴びる情勢で、そんなアメリカ帝國主義体制と連携しようとする行為そのものが世界的糾弾を浴びる時代になっている。日本帝國主義社会における麻生・小野寺両逆徒が責任を問われるべき問題は、人権の基本中の基本に反する事態に対するものだ。その意味では、アメリカ帝國主義体制とてこの日本帝國主義体制による反人権事態の責任を問うことなく日本帝國主義体制トップ及び幹部と面会するのは、日本帝國主義体制の反人権事態を擁護することとみなされて仕方ない。日本帝國主義体制社会内でも自浄能力を発揮できない構造が固定化されようとしているが、それもこれも対アメリカ帝國主義体制絶対的依存体質的社会構造化が1945年以来徹底されてきたことによるもので、人民にとっての選択肢が対アメリカ帝國主義体制絶対依存政権しかないように追い込まれた果てがこの結果である。日本帝國主義体制政権与党にとって、日本帝國野党勢力や善良な人民による正統な批判を無視してアメリカ帝國主義体制だけを向いても許されるという反人権的思想が根本にあるからこそ、今回のような醜悪な越米逃走も平気で働けるとなるのだ。このような社会構造は、まさしく日米帝國同盟体制こそ世界最悪の人権のツンドラであることを世界全体に見せつけたことを意味するのである。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2018年4月19・20両日に働かれた日本帝國主義体制財務大臣麻生太郎・防衛大臣小野寺五典両逆徒による反人民的醜悪越米逃走行為を厳しく糾弾するとともに、世界全体に向けてはドナルド・トランプ逆徒率いるアメリカ帝國主義体制との絶対的連携を働く日米帝國主義同盟体制への冷笑の眼差しの対応を促すべく声明を発表する。このような世界最悪の人権ツンドラ体制による対全世界挑発扇動に対しては、世界最悪の人権ツンドラぶりを実証するための相応の行動が必要になるだろう。日本帝國主義体制犯罪的侵略支配層総翼賛・不正乱発推進による人民拉致裁判制度(=裁判員制度)に対する廃止実現のための活動も相応の手段が必要になるのは言うまでもないが、相応の手段を実現できれば日本帝國主義社会での人権ツンドラぶりが全世界に知れ渡るだろう。全世界的に人権のツンドラとのとんでもない不当評価扇動をされてきた朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮)に嘲笑されても仕方ない世界情勢を作り出すことも今や夢ではなくなっているということだ。

 2017年4月20日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です