越南逃走特大型堕落行為に走った日本帝國新潟県民の卑屈さを嘲笑する声明

 2018年6月10日、特大型堕落に走った日本帝國主義体制新潟県民が日本帝國主義体制新潟県知事選挙と称する八百長茶番劇において、日本帝國与党勢力が支持する花角英世逆徒を当選させるという特大型反人民的越南逃走(ここでは西側帝國主義侵略勢力が勝手に「脱北」と称する行為ではなく、新潟県=越後を裏切り南の対アメリカ合衆国帝國主義体制隷属勢力側に助けを求める行為を指す。以下、越南逃走と表記)行為に手を染め日本帝國主義体制安倍晋三逆徒政権の軍門に下った。この日本帝國新潟県知事選においては日本帝國東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働問題が争点になっていたが、花角逆徒陣営も再稼働に対する慎重な姿勢を示すことで争点を隠すような姑息な選挙戦術を取ったことも波紋を広げ、対立候補との争点をぼかす結果を招いた。こんな堕落姿勢は日本帝國新潟県に限ったことではないが、日本帝國野党勢力の比較的強固な日本帝國新潟県でもこんな有様では日本帝國主義社会全体が堕落しているとみなされるのも誰がどう考えても明らかというものだ。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して2018年6月10日に働かれた日本帝國新潟県民の無分別極まりない越南逃走堕落行為への心からの嘲笑を送るとともに、日本帝國自称左派勢力がそれなりに強固な日本帝國新潟県のこの無様な姿を晒したことで真の意味での左派政策を実現するには相応の手段を講じる必要があるとの認識を再度確認する機会にすべく、以下の声明を発表する。

 日本帝國主義体制新潟県といえば沖縄県と並んで日本帝國自称左派勢力の強い地域として知られる。過去の国政、知事選挙においては2016年の日本帝國参議院選挙や知事選挙、2017年の日本帝國衆議院総選挙においても日本帝國国政野党勢力の勝利をもたらした。今回は2016年の知事選挙において当選した日本帝國国政野党系男性による女性問題が発端となり、日本帝國国政野党勢力の責任問題も争点になっていた。とはいえ、女性問題が発端となった選挙戦において日本帝國国政野党勢力は女性候補を立て、折しも日本帝國国政与党勢力はセクハラ問題で大きな社会的批判を受けていた。加えて、今回の日本帝國国政与党系候補は、日本帝國トップの安倍晋三逆徒による自らの思想に都合の良い教育機関への不公正便宜供与疑惑の一環としての土地特大廉価売却疑惑において、その責任当局の長を廉価売却時以前に務めていた経歴もあり、廉価売却の発端を作った責任も問われていた候補者だった。
 このような諸条件を考えた場合、いかに日本帝國与党系候補者が副知事経験者であろうとも、むしろ知事職において日本帝國安倍晋三逆徒と結託して県行政を歪曲するリスクが高いと考えるのが至極自然である。新潟県民の良識も問われたこの選挙において、極めつけは投票直前に日本帝國安倍晋三逆徒勢力が極右反動系日本帝國国会議員を多数日本帝國新潟県に投入して演説をさせたことだ。おそらく、日本帝國安倍晋三逆徒勢力にとってこの時点で圧倒的優勢を確信して、善良な新潟県民を日本帝國犯罪的侵略集団の軍門に下らせたとの高圧的扇動を目的とした傲慢極まりない扇動であった。そして、安倍晋三逆徒の目論見通り、昨日6月10日に日本帝國新潟県民が卑屈極まりない越南逃走の選択に走って軍門に下った。この結果、花角逆徒が慎重姿勢を示していた日本帝國東京電力柏崎刈羽原子力発電所もころあいを見て再稼働強行という異常事態が起きるのは容易に想定できる事態になってしまった。
 日本帝國新潟県でさえ日本帝國政権与党が本気を出せばこのありさまなのだから、他の日本帝國都道府県でも同様の本気を出せば立ちどころに日本帝國トップ安倍晋三逆徒政権の軍門に下るのは容易に想定できるというものだ。要は、日本帝國社会全体が安倍晋三逆徒政権以外の選択肢を奪われている社会構造の固定化が根本原因である以上、その構造そのものの物理的解体以外に左派勢力にとっての政策実現を果たす道はないのは至極自然である。民主的な声を上げて安倍晋三逆徒政権退陣を目指そうとする姿勢がいかに無分別かつ無力かがよくわかるというのも、そんな手法で安倍晋三逆徒政権の退陣が実現できるのであれば既に10年も20年も前に日本帝國自民党政権は完全解体されていたはずだ。その10年も20年も前以上に日本帝國自民党政権はその悪辣さと基盤の強固さをさらに盤石なものとして日本の善良な人民に襲い掛かっている現実と向き合い相応の手段を講じること以外に道がないことを自覚すべきなのは明らかではないか?
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2018年6月10日に働かれた日本帝國新潟県民多数派による特大型堕落の越南逃走卑屈選択について心から嘲笑を送るとともに、残された善良な新潟県民及び日本の善良な人民に対しては、このような特大型堕落的卑屈選択に惑わされることなく、安倍晋三逆徒率いる反人民勢力へのますますの徹底抗戦を呼びかけるべく声明を発表する。むろん、日本帝國国政野党勢力に頼るわけにいかないのは、今回の特大型八百長茶番劇において国政野党代表全員が新潟入りして無残な敗戦を喫したことも大きな要因だが、そもそも人民拉致裁判制度(=裁判員制度)を全員賛成により推進するような日本帝國国会体質を考えると、いざとなれば自ら積極的に日本帝國自民党勢力の軍門に平気で下ることもできる体質が本質的にあると考えるのが至極自然だ。このような日本帝國犯罪的侵略支配層全体の特大型人民侵略体質、ひいては、日本帝國主義体制のシステムそのものと対決する姿勢が我々に求められているというものだ。「新潟のことは新潟で決める」ならぬ、「自らのことは自らで決める」覚悟である。

 2018年6月11日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、2018年6月12日の史上初の朝米首脳会談及び15日の朝鮮半島北南共同宣言18周年に向けて、「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号(日本語版)、(조선어 버전)で6月15日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です