敬愛する金日成主席逝去24年に際して謹んで追悼する声明

 2018年7月8日、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮、以下、朝鮮共和国と表記)の敬愛する金日成国家主席が逝去されてからちょうど24年を迎えた。敬愛する金日成国家主席は朝鮮半島の平和的統一の実現を目指すべく、1948年以来の体制分断以来いかに平和統一を目指すかの道筋を考えてこられた。そして、今年ついに敬愛する金正恩朝鮮労働党委員長のご指導の下、明るい道筋の光が見えるまでの情勢を作り出すことに成功している。日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2018年7月8日の敬愛する金日成国家主席逝去24周年を謹んで追悼するとともに、日本人としていかに朝鮮半島の平和統一を目指すべきかを日本の善良な人民と連携しての世論喚起を促すべく声明を発表する。

 1994年7月8日に敬愛する金日成朝鮮共和国国家主席が逝去されてから24年、残された大命題そして悲願としての朝鮮半島平和統一に向けては、逝去されてから24年間いまだに実現そのものはしていません。主席の後を引き継いだ敬愛する金正日総書記の時代にも何度も統一に向けた前向きな動きはありました。しかし、朝鮮半島南部で極右反動思想でかつ対アメリカ合衆国帝國主義体制隷属思想の政権ができたりすることで統一の機運そのものが妨害されるといった異常事態もあり、なかなか対話が進まない現実もありました。しかし、今や敬愛する金正恩朝鮮労働党委員長の時代となり、2017年に北南融和思想の政権が朝鮮半島南部に誕生したことも追い風になって、2018年は悲願の朝鮮半島平和統一への道筋が見える1年になろうとしています。
 思えば、敬愛する金日成主席が逝去される1994年7月8日の直前といえば、日本帝國主義社会では松本サリン事件があったことも世界を揺るがせました。人類史上初めて化学兵器がテロに使われたとの大きな衝撃は全世界を揺るがせたのは今も忘れることはできません。しかし、日本帝國主義体制がとった態度はといえば、松本サリン事件を起こした組織ができる要因となった反人民的政治体質の真摯な反省をすることなく、松本サリン事件を起こした組織の徹底的壊滅扇動であり、この種の組織に対する徹底的監視思想の支持扇動でした。その一環として、凶悪犯罪者監視扇動に人民を加担させる目的として作られたのが人民拉致裁判制度(=裁判員制度)であり、それ以降も日常会話ファッショ暴圧可能化法(=テロ等準備罪と称する共謀罪)などの治安法制が次々に強行される事態に陥っています。まさしく日本帝國主義社会の人権ツンドラ化がこの24年で醜悪さを際立たせる事態になっていて、松本サリン事件を引き起こした組織の元代表他7人もをつい2日前に死刑執行と称する消去をしてこの組織そのものを社会から消去しようとする思想こそ、都合の悪いものを見て見ぬふりをする日本帝國主義社会の根深い悪弊でもあるのです。
 日本帝國主義社会が人権のツンドラ化に堕落していく24年の間、朝鮮共和国は真摯な態度で平和統一に向けて歩みを進めてきました。朝鮮半島南部で統一妨害思想の根深い政権ができた際には必ず朝鮮半島南部の人民が徹底的な抵抗をして平和統一実現に資する政権に交代させてきた力も忘れてはなりません。そして、今年には朝鮮半島南部平昌での冬季スポーツ世界的大会にて統一チームの結成などの半島北南和解機運を高め、敬愛する金正恩委員長は中華人民共和国、朝鮮半島南部、果てはアメリカ帝國主義体制のそれぞれトップとの首脳会談を実現させることに成功し、朝鮮半島のみならず地域の平和体制構築に向けた真摯な態度を示しています。それもこれも、敬愛する金日成国家主席の輝く功績と遺訓を代々受け継いだ金正日総書記、金正恩委員長の正しいご指導あっての成果です。そして、現在朝鮮共和国との関係改善をまるで見通せない事態に陥っているのは周辺諸国では日本帝國主義体制だけで、まさしく日本帝國主義体制社会の人権ツンドラぶりがこのような異常事態を招いているというべき情勢がやってきているのです。
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として日本人1億3千万人を代表して、2018年7月8日の敬愛する金日成朝鮮共和国国家主席逝去24年を謹んで追悼するとともに、金日成主席の遺訓の真摯な北南平和統一実現への精神を日本人全体にも理解を広めるための世論喚起を促すべく声明を発表いたします。日本帝國主義社会ではこの24年というよりも、1948年以来の悪弊として、朝鮮半島南部における統一妨害思想政権と同等の政権が徹底して牛耳ってきた経緯があります。それもこれも、世界最悪の人権ツンドラである対アメリカ帝國主義体制絶対服従主義が根深く染みついた体質あっての悪弊としか言いようがありません。そして、そんなアメリカ帝國主義体制の傲慢極まりない論理から自国の体制と尊厳を守り抜くべく徹底した国防力強化を図ってきたのも敬愛する金日成主席の残した成果で、その結果国際対話のできる条件も整ったということになるのです。日本人としても爪の垢を煎じて飲むべき姿勢というものです。

 2018年7月8日
 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会 代表 高野 善通(고선통)

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、7月の対アメリカ合衆国帝國主義体制対抗月間としての完全勝利を勝ち取る朝鮮半島北南統一実現に向けて「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号BRHY5LZM(日本語版)、ZBMFM9YQ(조선어 버전)で7月15日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です