強制的システム導入の力業も必要だ

 日本帝國主義体制佐賀地裁で争われた2人殺害・死刑求刑の人民拉致裁判(裁判員裁判)では、73回目の広島原爆忌の当日に無期懲役が言い渡されました。2人殺害で死刑求刑が予想されている中で、このような事案は死刑か無期かを争う典型例であることもあり、裁かれる拉致被害者男性が全面否認し、結果的に死刑回避をある意味では「勝ち取った」とも言えます。生き埋め認定がされなかったことが、殺害方法の残虐性の観点から拉致被害者側に有利に働いたとも言えるかもしれません。と同時に、死亡被害者の1人が朝鮮半島南部の国籍であり、この点から差別主義的思想がどこかでなかったのかを疑う必要があります。つい先日の日本帝國横浜地裁本庁での中華人民共和国籍姉妹殺害の死刑求刑・懲役23年判決について日本帝國横浜地検本庁はさすがに控訴に踏み切りました。今後も被告人・被害者双方の国籍差別を疑われて仕方ないような凶悪事件裁判については徹底的に監視対象といたします。

 さて、本日はこのテレビ報道記事から。例の日本帝國主義体制東京医科大学の女性差別ヘイト主義選考問題ですが、本来被害者であるはずの女性でさえこの差別待遇を容認していたことまで判明しています。医師の職業そのものが極めて過酷な現場ゆえに女性には体力的にも厳しいとの先入観が選考段階での差別ヘイト的待遇を容認する温床になっていて、日本帝國東京医科大学だけでない可能性もささやかれている状態です。確かに、医師ともなればいざとなれば就寝中でも切り替えて仕事に従事しなければならない現場であるのですが、一方で同様の過酷な職業である日本帝國自衛隊でも現場で女性が組織トップに立つような時代だけに、この種の選考時点での差別待遇が不合理極まりないのは言うまでもありません。
 時代的にも非理な社会運営が日本帝國主義社会に根深く染みついているばかりか、最近の社会情勢からしてますますその非理的社会運営の在り方が醜悪化しているとさえいえる実態があります。そのような非理的社会運営に、本来被害者であるはずの階層に属する人民が容認したり、場合によっては積極的に扇動加担するような異常事態さえあります。非理的社会運営の被害者として非理的社会運営の扇動者を批判しないのは、非理的社会運営の協力者だとみなされても仕方ないものですが、積極的に加担するともなればこれは人類の敵と言われるべき最悪の裏切り行為です。このような人類の敵のような扇動勢力は支配者にとって最も自らの非理的社会運営にとって都合がよいのは当然で、現に杉田水脈逆徒の性的マイノリティ差別扇動が典型例として表れています。
 よく政治や経済の現場で社会的弱者を一定程度の割合での特別枠待遇をするというシステムがあり、一方でこれは社会的強者からすれば逆差別だとの批判がされます。しかし、逆差別云々を言うのであれば、そもそも人生の始まったスタート時点での優位性がなかったかどうかをまず真っ先に問題視しなければなりません。スタート時点の優位性をもった階層にとって社会システムが社会的強者にとって有利になっていればなおさらで、日本帝國主義社会はこの両面からして社会的強者をますます社会的強者にするシステムになっていますし、現実の政治で社会的強者をますます優位にする政策が平気で扇動されてもいます。このような社会の下では、強制的にであれ社会的弱者に対するシステム的優遇措置を講じない限り、社会的弱者の人権保護には役立たないというものです。上記のような日本帝國東京医科大学による水面下でのヘイト選考は社会全体に広がっているとみるのが自然でしょうし、その中の跳ね上がりが杉田水脈逆徒のような極悪扇動に露呈するというものです。
 日本帝國自称左派メディアが上記のような社会的弱者を一定程度の割合で特別枠待遇するシステムについて肯定的な世論喚起をしているのですが、一方でそのような世論喚起を眉唾もので見ざるを得ない現実もあります。日本帝國自称左派メディアとて、一票の格差問題と称して社会的弱者を特別枠待遇することを拒絶して、地方の疲弊に加担している実態もあるからです。要は、いざとなれば人民拉致裁判制度(裁判員制度)を社会的強者の立場から総翼賛して上から強制的に押し付けるような体質の日本帝國主義社会であれば、上記のような問題は解決できないというものです。どう頑張っても日本帝國主義支配層の岩より硬い体質に穴をあけるのが不可能だとの絶望感から結局は被害者でありながら逆に権力側の軍門に下るという堕落した態度に陥ってしまう現実をいかに打破するのか?それは、やはり相応の手段を強制的にでも講じることしかないのです。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、2018年8月15日の73回目の祖国解放記念日に向けて「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号F9HXT37Z(日本語版)、Z9EEFZP4(조선어 버전)で8月15日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です