根深い排除体質への相応の対抗措置が必要だ

 本日は33年前に御巣鷹山でのジャンボ機墜落事故が起きた以外にも、40年前には中華人民共和国との間での日中平和友好条約が結ばれたり、多くの「拉致事件」が起きたりした当日です。とりわけ東アジア諸国間での敵対扇動を働いている日本帝國主義体制トップ安倍晋三逆徒の本性からすれば、40年前に起きた出来事がますますの対東アジア敵対扇動に悪用する方向性に進んでしまう懸念も大きくなりそうです。折しも、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)内で日本人男性が拘束されたとの件が明らかとなり、映像制作者ではないかとの情報も出ています。この男性を見捨てるような扇動が平気で日本帝國主義社会内から出るような異質さも際立っていますが、こんな日本帝國主義体制の非人道的体質に対する民心の怒りは沸騰直前になっています。8月12日といえばちょうど100年前に米騒動事態に端を発した大規模焼き討ちといった出来事もあったのですが、これと同様の事態がいつ起きても不思議ではないというものです。

 さて、本日の注目はこの記事。佐賀県で護送中の容疑者男性が事故死したことに関して、この男性の遺族が日本帝國主義体制佐賀県(警察)を訴えたことについて、日本帝國主義反動勢力がインターネット上でとんでもない非難扇動に走ったことが掲載されています。この件については事故の直接原因が日本帝國佐賀県警職員の居眠り運転で、事故に巻き込まれた対向車の所有者に対しては賠償したのに遺族の方には賠償していないということで、遺族側が訴えたという経緯です。一方で日本帝國佐賀県側は遺族に賠償をしないつもりではなく、交渉を続けていたということもコメントされています。
 で、この容疑者男性なのですが、人民拉致裁判(裁判員裁判)対象となる殺人未遂事件で逮捕、鑑定留置されていて、日本帝國佐賀地検への移動のために護送されていた途中でした。殺人未遂事件ですから犯罪被害者もいる事案で、インターネット上の日本帝國反動的扇動勢力からは被害者に賠償せよとか損害賠償請求をするのはごね得だとかいった非難内容です。しかし、上記記事では今回の賠償請求が認められたといって、請求者が事後的に被害者への賠償責任を負わないわけではないことが記されていますし、また、容疑者への社会的非難がその家族にまで向けられるのは本来あってはならないことだとの批判もあります。そもそも、容疑者段階では刑事裁判の手続上では推定無罪の原則があり、容疑者段階であろうとも犯人と決めつけての扇動が平気で働かれる日本帝國主義社会の恐ろしさも浮かび上がります。
 問題なのは、間違った知見を前提にしたこのような扇動が平気で起きる日本帝國主義社会において、仮にこの男性が事故に遭っていなければ人民拉致裁判が開かれていて、このような扇動思想が裁判で正当化される事態に直面していたことです。推定有罪の社会環境の下で容疑者=犯人の先入観から人民拉致裁判が有罪推定かつ厳罰化を前提に運営されるだろうことは容易に想定できるのですが、上記の記事で示されるような扇動が直接的な形で裁かれる拉致被害者への社会的非難扇動となって降りかかる構造にもなります。そして、それは本来許されるべきでない容疑者家族への非難扇動の正当化にさえつながります。刑事裁判の在り方として間違った社会的合意や人倫に真っ向から反する差別思想が人民拉致裁判の名の下で正当化され、それが日本帝國主義社会の意志として国家の暴力と一体化するのが上記の記事からも見て取れます。
 日本帝國主義社会において、道に外れたと決めつけた人民を選別し排除する根深い体質が、犯罪者やその家族への排除扇動に容易につながっています。犯罪者に人権なしという考え方も大きな問題ですが、犯罪者とつながっている者も犯罪者と同類などと決めつけて人権なしとレッテルを貼り付ける体質も根深いとなれば、そのような扇動をする勢力が当事者になったときのことを考えていないからこそできる扇動というものでしょう。そして、不幸にも容疑者側の立場に巻き込まれた当事者にとって、このような日本帝國主義社会全体を敵に回すような事態に直面した場合に十分な人権救済が不可能だと感じた場合にどんな事態を招くか、その際の悪影響も深刻な問題です。その観点からも容疑者・被告人排除扇動側から社会全体を裁判に加担させる人民拉致裁判制度の非人道性も糾弾していかねばなりません。

 日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会として、2018年8月15日の73回目の祖国解放記念日に向けて「金日成同志万歳!!」と印刷したA3ポスターを全国で表に掲げる運動を展開します。「アベ政治を許さない」運動の日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会版として広めることにしたいと思います。日本語版のみならず朝鮮語(조선어)版「김일성동지만세!!」も用意しております。印刷は、日本語版及び조선어 버전にて。または、セブンイレブンのネットプリント(7-Eleven 넷 프린트)で番号(日本語版)、(조선어 버전)で8月15日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です