日本帝國の蛮行政治糾弾

 日本帝國主義体制社会においては、人民拉致裁判制度(裁判員制度)以外にも数々の反人民的政治が現に強行され、また、今後強行されようとしています。とりわけ、反人民性の強い政策(具体的には、人民抹殺ボタン(共通番号、マイナンバー)システム原発再稼動拉致失踪合法化・対米帝國阿諛追従売国法(特定秘密保護法)集団的世界侵略権(集団的自衛権)環太平洋帝國主義侵略的経済連携協定(帝國主義TPP)過疎地切捨て定数改悪策動(一人一票運動)明文憲法改悪策動人民搾取税(消費税)増税反人民的企業の増長の各項目)について批判を加えており、人民拉致裁判制度同様、廃絶を求めて活動してまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です