人民拉致裁判制度を国際人権被告席に!!

◎2014年は「憲法9条をノーベル平和賞に」運動が世界的話題に!!同様のスローガンとして「裁判員制度を国際人権被告席に!!」運動を展開しよう!!

◎憲政史上に残る大暴挙、人民拉致裁判制度(裁判員制度)は絶対廃止に追い込め
 人民拉致裁判制度(裁判員制度)は2004年に法律が制定され、2009年に強行された司法システムである。このシステムは「国民が重罪事件の刑事裁判に参加する制度」との触れ込みで推進されてきたが、この言葉とはまるで違う内容が法律の本性として記載されている。全国の人民を対象にして無作為抽出し、選んだ人民に対しては制度に加担することを拒否させないシステムとなっていて、無断拒否をすれば日本帝國主義国家権力から罰則の適用もある。一方で何より、重罪事件で起訴された被告人にとってごく一部の例外を除きこのシステム以外の裁判を拒否できない設計になっており、こんな設計はアメリカ帝國主義社会での陪審制度にも存在しない。
 日本の一般人民や重罪被告人が嫌悪することを十分承知していた日本帝國侵略勢力はこのシステムを絶対的に推進するために、国会議員、司法勢力、マスメディアなどが結託の上で全員賛成して一般市民に対するまさしく敵対的行為を働いた。その敵対行為の中には、法律に違反する不法行為や世論調査における歪曲扇動、日本帝國政府によるやらせ宣伝企画といった不正行為も多数含まれていたが、日本帝國主義体制メディアは侵略勢力と結託しているため一切批判的な報道を故意に行わなかった。また、この種の不正行為には司法の最高府であるはずの日本帝國主義体制最高裁判所も深く加担した。このような手法は、この裁判システムに強制徴用させられる一般市民及びこのシステムで裁かれる重罪被告人に対する悪意に満ちた犯罪的拉致行為であり、加担させられた市民及び重罪被告人こそがこのシステムによる拉致被害者である。一方でこのシステムに積極的に加担するようなヤツらはまさしく帝國主義侵略的拉致実行犯ということだ。こんな悪意に満ちた犯罪的手法で推進された政策は、強行された現在であろうとも存在そのものを一切認めないという姿勢で断固として臨む以外にない。そして、日本帝國主義体制勢力総与党化で推進された経緯を考えると、このシステムへの公正な評価は国際社会に世論喚起した上で、このシステムについて国際人権被告席に座らせる以外にないというものだ。新本人民革命党及び日本帝國主義体制に拉致された日本人を救出するための全国協議会ではこの司法システムについては原則として「裁判員制度」という言葉を使わず、実態に見合った「人民拉致裁判制度」を用いて記載することとする。
◎人民拉致裁判制度糾弾ページ詳細
・人民拉致裁判制度の実体(詳細
・なぜ崩壊させねばならないのか(1=決定・推進経緯)(詳細
・なぜ崩壊させねばならないのか(2=裁判の実体として)(詳細
・なぜ崩壊させねばならないのか(3=政策の中身として)(詳細
・いかに崩壊させるのか(詳細
・工藤會関係裁判の対人民拉致裁判加担者接触事案特設ページ(詳細
・人民拉致裁判日程表(詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です